« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015/10/31

ハロウィーン

ピンポ~ン~♪

モニターを見るとハロウィーンの可愛い使者たちが、

      トリック オア トリート~

Dsc00404_400x300_2
イタズラされたら大変なので、チョコとキャンディーの袋をもって玄関に。

2~3年前からかな?この日になると、可愛い使者たちがやってきます。

だから、こちらもおやつを用意しておかないとね。

この時期売れるおやつが少ないからお菓子業界の策略よ って言う人もいるけど、
確かにハロウィン仕様のパッケージのお菓子が目立ちますね。

でも、可愛いし、子供たち楽しそうだから乗っかってもいいですよね。

Dsc00406_400x300使者さんたち、
帰りに「ありがと~」って、
あめ玉3個入った可愛い小袋をおすそ分けしてくれました。

o(*^▽^*)o

|

2015/10/26

ひと月命日

ドリーがいなくなって今日でちょうどひと月。

なんかね、ポッカリ心に穴があいたような、、、、喪失感?虚無感?燃え尽き症候群?、、、どう表現したらいいのか、、、。

時間はそれまでより出来たはずなのに、何もする気がなくて、、、。

これまでは「ペットロス」なんて聞いても、
家族がいるし、仕事もあるし、趣味もあるし、私は大丈夫 ってどこか覚めた目でみてたんだけど、ダメですね、、、(ノ_-。)

Wパンチでショックなこともあって、、、
なぁ~て、ブログを放置してた言い訳がましいですが、、、
でも、本当なんですぅぅぅ、、、。(=´Д`=)ゞ

でも、1番淋しいのはメグなんですよね。

Page109_2どこへ行くのも、何をするのも、14年間のず~っと二人でのお留守番。

あれから ひとりぼっちだもんね。

犬や猫は自分が死ぬことは理解できないけれど、仲間や飼い主の死を理解し、悲しむ感情は間違いなくあるといいます。
だって彼らにも嬉しい、楽しい、怖い、といった感情あるんですから、当然悲しいという感情も。

あれからメグもドリーを探す素振りを見せてたし、
一点をじ~~っと見つめて動かなかったり、、、。挙動不審なこともありました。

メグはもう乗り越えたのかなぁ、、、この悲しみを。

今は以前より甘えん坊になってます。
前はドリーに遠慮してたのかなぁ、、、、?

私も、もう大丈夫です、、、って完全に じゃないですけど、無理しないで時間に委ねて。

さて、このブログですが、一時は閉めようか?っと思ったけど、

2005年3月2日の初記事から今年で10年目、
日記や家計簿なんて長続きした試しがないのに、よく10年も書き続けてきたなぁ、、、って自分でもビックリ。。

元々、書く事や写真を撮ることは好きだし、ブログ綴るのもなんとなく生活の一部になってたので、辞めちゃうとちょっとさみしかなぁ~と思い、細々と続けていこうと思います。

これも気力UPになるかなぁ、、、。

まだまだ今まで以上の更新は無理かもしれないし、
いつまで続くかわかりませんが、お時間あるときにでも覗いて下さいませ。 
o(_ _)oペコッ

|

2015/10/03

初七日。

先週の土曜日26日の午後、ドリーが永眠いたしました。

Page107
報告が遅くなってごめんなさい。m(_ _)m

職場で今日(3日)、ちょっとしたお祝いイベントがあって、
サプライズ企画などみんなノリノリでとても楽しい雰囲気のなか、
水を差す様なことは終わるまで言わない方がいいんじゃないかと思い、
ブログも見てくれてるので書くのをひかえました。。

職場の仲間達は
「ドリー君どう?」「早く帰ってあげて。」「傍に居てあげたい時はいつでも代わるからね。」って、私とドリーのことを温かく見守り助けてくれてました。

すぐにドリーのことを話してたら、
きっと私のことを気遣って職場の中も笑顔も少なくなっちゃうだろうし、
私も弔慰や慰めの言葉 励ましの言葉などを貰ったらウルウルしっぱなし、イヤ きっと泣いちゃってたと思うので、
折角の楽しい雰囲気を壊してしまうと思ったので、報告はパーティが終わってからと決めました。

この一週間何度も胸が締め付けられる思いで辛い時もあったけど、
静かに受け止めることも出来るようになりました。

今、 こうして心静かにこの記事を書かてます。

ドリー、
亡くなる数日前から食欲が落ち、病院の高栄養パウダーを溶かしシリンジで食べさせたりしていました。
これまでにもあったことです。

シルバーウイークは、っていうか、最近の外出は出来るだけ半日で帰宅し、出来るだけドリーと一緒に過ごすようにしていました。

シルバーウイーク中の写真です。

Page106
私はなにかとバタバタしていて、なかなか座ってる時間が少ないのですが、メグパパがサークルに入ってベタベタしていました。時には一緒に爆睡していました。

亡くなる前々日のドリーです。

Page102_2
亡くなる2日前(24日)までヨロヨロ ヨタヨタでも滑り止めを敷いたサークル内を歩いてくれてたし、お水も自分で飲みに行ってました。

なのに、、、25日、
朝から立ち上がろうとするのですが、そのまま崩れて歩けなくなりました。

頑張るドリーに、メグパパは「頑張れ!頑張れ!」って言ってみたり、
「いや、、、もう頑張らんでええでぇ。」って言ってみたり、、、。
何度も立ち上がろうと必死でもがいてる姿が痛々しかったんでしょう、、、。

あとで、「お父さんが頑張らんでええ、なんて言うから、ドリーが、、、」って責めてしまいました、、、。

でも、、、ここまでだったんでしょう、、、。
1番心配してた気管虚脱の発作の苦しみもなく、
ここまでの寿命をドリーは生き切ったんだと思いました。
力一杯、精一杯に。

26日 亡くなる朝、「こうなったら早いかもしれんなぁ、、、。」ってメグパパが言ったけど、
状態にはいつも波があったし、何度も引き返してくれたし、今回もまたガンバってくれると思ってました、、、。
まさか、その数時間後だとは夢にも思いませんでした。

でも、、、力尽きたみたいです、、、、。

ドリーは仕事からの私の帰宅を見届けてから逝きました。

ドリーは本当にいい子でした。
本当によく頑張ってくれました。

ドリーは最後まで全力で生き切ったんだと思います。

私はそれをどれだけサポートできたんだろうか、、、?
私は少しでもドリーの生きる力になれたんでしょうか、、、?
ドリーはうちの子になって幸せだったんでしょうか、、、?

私はきっぱり言えます。
うちに来てくれて、私の子になってくれてありがとう。
君が教えてくれないと気づけなかったいろんな感情や
たくさんの思い出にありがとう、って。

ママは幸せだったよ、って。

もう天国の手前の虹の橋に着いた頃でしょうか。
そこでは病気だった子も年老いた子も
みんな元の体を取り戻すというから、、、

今頃は、若くて元気で1番カッコよかったあの頃に戻ってるんでしょうね。
懐かしいお友達と会えてる?
元気に走り廻ってる?
女の子のお尻を追っかけてクンクンしてるのかな?

Dolly1
ドリー、ママが虹の橋のたもとに迎えに行くまで遊んで待っててね。
一緒に橋を渡るんだからね。
待ってるんだよっ。

     それまで、さようなら。
     本当によく頑張ったね、偉かったよ。
     ありがとうね、ドリー。
     

遅くなりましたが、
これまで気にかけ、応援して下さったお友達に、
お詫びとお礼を言わせて下さい。

   報告が遅れたこと すみませんでした。
   これまで 本当にありがとうございました。m(_ _)m

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »