« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015/06/29

ご飯足りない?

今朝ね、いつもなら完食のご飯も食べないで、ゼーゼーヒーヒー言ってたと思ったら、泡を吹く? 吐く?

005_400x341
そう、 泡なんです。
汚い話でごめんなさいです。 m(_ _)m

でも、ねっ、きめ細やかなきれいなアワアワでしょう?

そのあとも少し呼吸が荒かったし、びっくりしてこの画像と朝の様子を動画で撮ってたので、マハナ先生のところに持って行って診断を仰ぎました。

なんてことない、、、
「これ、胃液です。おなかすいてたんじゃないの?」って。

「胃液って黄色くないですか?」って聞いたら
「それ、胆汁です。胃液はもともと無色透明なんですよ。」って.

メグが以前 黄色いのを吐く(逆流した胆汁と胃液が混ざって黄色)ことがあっても、こんなに真っ白なアワアワは初めてだったのでビックリしちゃって、、、。
咳き込んだ勢いで、、、かな?

ほんと、なんてことなかったです。
ご飯も完食。

Dolly1
ゼーゼーがまたひどくなってるのは、ステロイドを減らしてるからかな、、、今日を含めてあと二日、少し量を増やして様子をみることになりました。

出来るだけ減らしたいステロイドだけど、減らすとやっぱりひどくなるような気がします、、、。

ゼーゼーが治まってる時はケロっとしてるんですよ。

そうだ、
ご飯足りないのかなぁ、、、少し増やしてあげたほうがいいのかなぁ、、、。

食欲はあるみたいなので嬉しいです。

|

2015/06/26

中将姫伝説

日曜日に出向いた「恋し野の里あじさいまつり」の橋本市恋野地区。

034_400x300
この地区に伝わる中将姫伝説を調べに資料館に立ち寄ってみました。

うっかりしてると見過ごしてしまわれそうな小さな神社。
こんもり木々が茂る入口に赤い鳥居が建ち、「中将が森」と立て札がありました。
資料館はその中にありました。

037_400x291

002_400x274
中将姫、、、というと、あの漢方のツムラさんから出てる(今もあるんですよ。
 お姫様のマークのこれ。
この人。
日本初の入浴剤も中将姫の名を冠した「浴剤中将湯」だったとかで、現在の入浴剤の原点の人です。

このマーク見たことないですか~?
知らない人多いでしょうね、、、知ってる~って人、
ある程度の年齢以上です。(´,_ゝ`)プッ
職場のみんな(私より全員年下)は知りませ~んって。
┐(´-`)┌
私以上の年配の患者さんは「あぁ~、知ってる。あったねぇ~」って。( ´艸`)プププ

「中将湯」・・・私、娘時代よく実家で飲まされてたんです。
冷え性や生理痛・生理不順なんかの婦人病の妙薬だったみたいで、
現在の「漢方のツムラ」の基礎を築いた商品だったと言われています。

私、中将姫伝説と言えば奈良の「当麻寺」しか知らず、
中将姫というお姫様が仏門(当麻寺)に入って、蓮の糸で曼荼羅(国宝)を織り、阿弥陀如来の生まれ変わりと人々の信仰を集め、、、
当麻寺で薬草の知識を学び、婦人病に効くお薬を作る。
そのお薬が代々親交のあった初代ツムラさんの母方の実家に伝わってて、、、と ぐらいの記憶でした。

2761当麻寺の境内にある小さな池に、蓮の花の上に佇む合掌姿の少し微笑んだ清楚な尼様の像があります。
この方が中将姫です。なんでも、大和のモナリザとか言われてるそうです。

日曜日に橋本市の恋野地区に行って、知りました。
中将姫がなぜ仏門に入ったのか、、、。
なぜ、「恋野」という地名になったのか、、、。

藤原鎌足の曾孫である藤原豊成の娘で、5歳の時に実母を亡くし、
14歳の時、賢く美しい姫を邪魔に思った継母が家臣に姫を殺すように命じたそうですが、心優しい姫を殺せなかった家臣にかくまわれていたのが、橋本市のこの地域だったそうです。

母 恋し恋し野辺や」と歌われたことから「恋し野の里」・・・「恋野」と言われるようになったとか。

後に、父と再会し、都に連れ戻されるのですが、姫は、都での生活を望まず、当麻寺に入って仏の道に仕えることを決心したとありました。

ここから私の当麻寺の記憶とつながりました。

17歳で仏門に入り、29歳で亡くなったそうです。

悲劇のお姫様だったのですね、、、。

そして、私たち女性特有の体の不調に向き合い 薬草を研究し、今日につなげて下さった方なんですね。

|

2015/06/22

「恋し野の里」 あじさいまつり

うっとうしいこの時期にあって、清々しく、これほど雨が似合う花ってないですよね。

017_400x300
012_400x300
恋し野の里」っていう地名に惹かれ(´,_ゝ`)
恋し野 ですよ、恋し野。なんかロマンチックでしょう?
地名の由来やなにか歴史がありそう、、、ってことで、
「恋し野の里あじさいまつり」に出かけてきました。

Page63
あじさい祭りの会場は橋本市恋野地区の農村公園で5000株もの紫陽花が見頃を迎えていました。

お天気が怪しかったのですが、雨の中の紫陽花も風情があってまたいいですもんね。

今 真っ盛り、、、キラキラ大きな宝石のような色とりどりのあじさい、今ならではの風情ですよねぇ~。

、、、っと 言っても、、、(・_・)エッ....?

あじさいに、
夏や秋にも開花する四季咲きアジサイがあるってご存知ですか?

我が家が今年植えたあじさいは「12月まで楽しめますよ。」って購入した
「霧島の恵」

Page64
紫陽花に四季咲きというものがあるなんて、、、しらなかったですぅ、、、。

これからは、あじさいは雨のこの時期だけの風物詩、、、なんて言えなくなるんでしょうか?

そうそう、この恋野地区の地名の由来、なぜ「恋し野の里」と呼ばれるようになったか、わかりました。

ここにも中将姫伝説があったんです。
中将姫って聞くと奈良の「当麻寺」しか知らなかったんですよね。

中将姫資料館に行ってきたので、次 書きますね。
紙芝居があったので、メグパパに読んであげました。
二人だけだったので。(´,_ゝ`)プッ

|

2015/06/19

今のうちだけ、、、。

孫の日和と朱里、学校からの帰宅後 毎日のように我が家にやってきます。

おやつを食べて、宿題して、、、うちは学童保育か?
(´,_ゝ`)プッ

五年生になった日和は、家庭科が始まるらしく、学校で購入したお裁縫バッグを持って見せにきてくれたり。

最近の裁縫箱ってオシャレで可愛いんですねぇ~、裁縫箱とは思えない。
箱じゃないし、、、
バァバの時代のはプラスチックの箱だったかなぁ、、、。

Page61_2
「バァバ、チクチクして人形のお洋服作りたい。」って言うので、お裁縫を教えたり、、、。

日和ちゃんはこうして家の中で何かを作ったりするのが好きみたいで、
朱里ちゃんは、我が家の近所には子供が多いので声が聞こえたら「お外で遊んでくるね。」って飛んでいきます。

当たり前なんでしょうけど、同じ姉妹でも性格が全然違います。面白いです。

Page62二人にね、
「100点とったら見せに来てね。」って言ってたら、「ばぁば、100点とったよ。」って持って来てくれるんですけど、
ご褒美に図書券をあげたら二人とも図書券欲しさにせっせせっせと運んくるんです。
(´,_ゝ`)プッ
だけど、そんなに図書券ありませ~ん。
┐(´-`)┌

でも、、、
こうやってバァバのうちに来てくれるのも小学生の今だけなんでしょうね、、、。
中学生になったら学校もクラブや塾なんかで忙しくなるんでしょうし、お友達の方が大事になってくるんですよね。

まっ、そうなるのが当たり前で、いつまでもバァバ バァバって言ってるのも困りますもんね。

それに、100点も中学生となるとそうそう取れないしね。これも小学生の間だけでしょうし。

寄って来てくれる今を楽しませてもらいます。

|

2015/06/15

展示即売会がはじまりました。

今日から、私がお世話になってる自由工房での展示即売会がはじまりました。

その前に、朝1番にマハナ先生のところでドリーのシャンプーをして頂きました。

お迎えに行くと、先生が笑いながら、
「戦ってましたよ。」っておっしゃって、「ん?」って思ってたら、看護師さんに抱かれて出てきたドリーを見て 納得。

とてもスッキリ可愛くしてもらってましたぁ~。ホラ!

Page60_3
美容室じゃなくて動物病院なのでシャンプーだけのところ、きっとモッサーのドリーを見かねて看護師さんが戦って下さったみたいです。

若い時からだけど、年とともに最近はイヤイヤが激しくなって、、、ほんと、大変な戦いだったと思います。

おかげで久しぶりにドリーらしいお顔が見れました。感謝です。(._.)アリガト

そうそう、それとね、メグパパが「ドリー見えてるで、お前が動くと目で追ってる。」って言ってたので、「先生、このこ見えてます?」って聞いたら、「見えてます、クシ 噛みにいってたもん。」って。( ´艸`)プププ

そして、今日から二日間工房での展示即売会がはじまりました。

Page58_2
植木屋さんではありません。(´,_ゝ`)プッ

「手作りのうつわを見て買って欲しい。」と、
陶芸仲間のKさんが一年かけて個性的な器を作り、その器にあった植物を植え、この日に備えてきた素敵な作品ばかりです。

私のは と言うと、工房の奥のコーナーに季節飾りを並べさせていただいてます。

Page59_2
今年は5月末の地元のイベント「帝塚山音楽祭」にも出品させて頂いたので、作品が少なく少し淋しい展示になりましたが、

今年で3年目になるのかな、、、私の季節飾りを楽しみに来て下さる方もいらして、「可愛い~」って求めて下さるので嬉しいです。

作り手としては、本当に可愛がって頂ける方に連れて帰ってもらうのが1番なので、
明日も一日どんな出会いがあるか楽しみです。

|

2015/06/08

夏を乗り切るために、、、。

ドリーが患ってる気管虚脱、しつこいようですが何度でも書かせて下さいね。
憎っくき気管虚脱め。凸(`、´X)

気管虚脱とは、気管を覆う気管筋やそれを支える気管軟骨がなんらかの原因でゆがみ、気管が扁平に押しつぶされたような形状になり、空気の流れが妨げられ、呼吸に障害が生じる病気です。

多くは中高年齢以降に発症する病気で、慢性的に進行し、完治させるのが難しい病気だそうです。

この病さえなければもっと穏やかに安らかに老後を過ごさせてあげられるのに、、、悔しくて、悔しくて、、、。

なんて、、、悔しがってばかりいても仕方ないし、
なんとか発作が起きないように、毎日少しでも楽に過ごさせてあげたい思いでいろいろ考えています。

興奮するようなことは避け、普段はゲージ内で静かに過ごせるように、ゲージを一畳ぐらいに広げ、内装もリフォームし、足腰が弱ってるので床に両面テープで滑り止めを貼り、冷却マットも置きました。

夏場は発作が起きやすいそうなので24時間エアコン使用となります。

そして、息苦しそうだったり、発作時には酸素を吸わせてあげたらいいと病院で言われ、携帯酸素を用意しました。

Page57
この病気の日常生活で気を付ける点で、
肥満の解消や散歩の時は首輪ではなくハーネスを使用するようにとあります。

ワンちゃんいらっしゃるお友達にお願いです。
病気は不可抗力(ですよね、、、)だと思うのですが、でも、出来るだけリスクを減らしておいてあげて下さいね。

どちらも辛いです、、、。

|

2015/06/04

言葉かけ

今日ね、メグとお散歩してたら「もう一匹 死んだん?」って心無い言葉をかけられ、(゚Д゚)ハァ? (# ゚Д゚) ムッカー

聞き方にも言い方があると思いません?o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

ドリー、落ち着いてて それなりに元気です。

メグと一緒にお散歩には行けないけど、家の前をボツボツ歩いてます。

Page55
「頑張って歩いてるねんね、えらいねぇ~。」って優しく声かけて下さるご近所さんもいます。

言葉かけ一つで温かい気持ちになったり、落ち込んだり不愉快になったり。

私もつい大阪のおばちゃんのノリで言いたいこと言ってしまうけど、
相手の気持ちを考え「温かい言葉」をかけられるよう気をつけたいと思います。

|

2015/06/01

バザーを終えて

心配してた日曜日のお天気も雨回避で「曇り」 そんなに暑くなくてよかったァ~。

二日間の帝塚山音楽祭での手作りバザーにブースを出させてもらって、いい体験をさせてもらいました。 よかったことも、悪かったことも。(´,_ゝ`)

Page54
よかったことは、いろんなお客様の反応を見たり聞いたり出来たこと。

悪かったこと、っていうか、不愉快だったこと。
手作りの良さや大変さを分かって下さってる方もいるんだけど、
中にはそうじゃない人もいるのよね。
「材料粘土でしょう?」って。
興味なかったら素通りすればいいのに、、、。

それに、
「お値段何とかならない?」「気に入ってるんだけど、値段がねぇ~?」「もっと安くしてよ。」ってしつこく値切り倒す人。
いたんですぅ~、強烈な人が~(-゛-メ)

「別に 私 これ売って生活してるわけではないので買って頂かなくて結構です。」、って言いたかった。でも、それ言っちゃダメでしょう?

結局 押しに負けて言いなりのお値段で手放しちゃった、、、(ノ_-。)
あんな人の手元に、、、と思うと、、、あの子が不憫で、、、今も悔しくて、、、。

逆に、「やっぱり忘れられないわ。」って戻って連れて帰って下さる方も。
そんな方にはお値段のこと何もおっしゃらなくてもこちらから「これでいいですよ。」って言っちゃいます。(´,_ゝ`)

工房での即売会では値切る人なんていなかったから、
物を売ってお金を頂くって事の難しさを知りました。

ブースの前に足を止めていただけるのか、ドキドキしたり、
「どのお雛様も笑ってるんやね、かわいいわ~」って褒めて頂いて嬉しかったり、 
思いを込めて作ってるのに分かってもらえず悔しかったり、
エキサイティングな二日間でした。ちょっと疲れました。

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »