« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012/05/31

兄へ。。。

昨日 5時間の大手術から兄が生還してきてくれました。

麻酔から醒め、ICUで対面した兄の最初の言葉が「またみんなに会えてよかった。。。。」

そう言って兄の目からツゥ~っと涙が流れていました。私もウルウル・・・

       よかった~~、ほんとによかった。o(*^▽^*)o

メグパパに、
お兄ちゃんが死ぬなんて、そんなんイヤや。ある意味お母さんをなくすよりイヤかも、、、
なんて、今思えば決してそんなことないのに 母が亡くなってもいいような言い方をした自分に戸惑いと罪悪感を覚えます。。。

でも、、、順番ってありますよね、、、。

先週だったかな、私に「最後になるかも知れんから集合写真撮ってくれ。」なんて言う兄にメグパパが「お母さんより先に逝ったら絶対アカンで。がんばらんと。」って声掛けてくれてたけど、順番飛ばしは絶対ダメだしイヤです。

          お母さん長生きして下さいね。

          そして、兄さん 順番守ってくれてありがとう。

|

2012/05/28

不幸中の幸い

更新がないので、「どうかした?」ってメールをもらったり、心配かけちゃってます?

ごめんなさい。ドリ・メグも私達も元気です。

ただ、、、気持ちが落ち着かず凹んでまして。。。

と 言うのも、、、先々週の土曜日(26日)実家の兄が静脈瘤破裂で緊急入院しました。

病室から大修理中の姫路城が見える病院です。

Img_120
病状も深刻でcatface、、、先週も そして昨日も姫路に帰ってたんですが、、、

弱り目に祟り目? 昨日はね、、、帰る途中 高速道路で接触事故。大きな事故にはならなかったのでよかったんですけどね。

Page1
無理な車線変更してきたバイクが流れに乗って走ってたうちの車に接触。

               Σ(゚д゚lll)アブナッ !

幸いバイクの人にも怪我はなく、高速交通警察の方も
「これくらいで済んでよかったです。転んで後続車にひかれたりしてたら見たくもない光景を見ることになってたかも知れないしね。」って。

ほんとうに不幸中の幸いでした。バイクの方も「僕が悪いんです。」って言ってくれたし、、、。

聞けばあの日、兄も不幸中の幸いで最悪を免れました。

まだ30日の手術を控え楽観出来ませんが、きっと上手くいくと信じています。

無事 手術が終わり、兄の回復と、早く平穏な日々に戻れますように。。。

祈る日々です。。。

|

2012/05/19

あと2日

いよいよあと2日。来週の月曜日の朝ですね「世紀の天文ショー」。
国内では25年ぶり、本州では129年ぶりだそうです。

Img_119_2  勿論、日食グラスも買いました。幸い月曜日は仕事も休みだし、ゆったり気分で見られます。

真っ暗になるのかなぁ・・・ 太陽全体が隠れる皆既日食じゃないからそんなに暗くならないのかなぁ・・・。

こんなの 見られるのかな。。。(0゜・∀・)ワクワクテカテカ

こちらに みんなの住んでる地域で金環日食がどのように見られるか絵で解説してくれています。

折角の貴重な機会だから、楽しみましょうねぇ~。

 

         

|

2012/05/16

捨てないで・・・

Img_118
日曜日に鶴見緑地にお散歩に行った時、里親探しの「ふれあい譲渡会」というのが行われていました。

Lovefiveさんの活動です。

Img_117
少し前の空前のペットブームの反動?年間24万頭もの犬猫が殺処分されてるそうです。

「こんなに大きくなるなんて思わなかったから、、、。」 ゚Д゚)ハァ?
「全然言うこと聞かないアホだから、、、。」 お前がアホじゃ。
「引越しでペットが飼えなくなった、、、。」 飼えるところ探せよ。
「彼氏が出来たから、、、。」「子供が出来たから、、、。」 はじめから飼うな。
「経済的に苦しくなったから、、、。」 じゃ 子供捨てられるの?

何を言ったって 正当な理由なんてあるはずないんです。(-_-X)

みんなみんな人間の身勝手でしかないのです。

日本もイギリスなんかのようにペットショップをなくし、
家族構成や住宅・生活環境等の厳しい審査をクリアーしてからブリーダーさんから預かるという風に、誰でも安易に買える風土を変えるとか、、、
それでも不幸な仔が出来てしまったら収容できるアニマルシェルター(孤児院)をもっと行政で作ってくれるとかしないと、この現状はなかなか改善しないと思います。

安易にペットを飼って、安易に捨てる飼い主に腹がたつと同時に
不幸なペットを作らない努力をしないで、殺して処理しようとする日本のやりかたに怒りと悲しみを覚えます。(ノ_≦。)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

トリミングに行ってきたふたり(2匹)です。

スッキリしたでしょう~。ねっ、美男美女でしょう?( ´艸`)プププ

Page63

|

2012/05/14

お散歩日和

これからの季節、雨予報は勿論、あまり晴天すぎても高齢のドリーはすぐにヘロヘロ舌がでちゃうし、目もシバシバ ウルウル。

暑くもなく 寒くもなく、そして日差しもさして強くない昨日 今日みたいなお天気がドリーたちにはとってはベストなお散歩日和なのかなぁ~と思う今日この頃です。
写真を撮るにはお空が少し残念なんですけどね。

そんな昨日は久しぶりに鶴見緑地にお散歩に行ってきました。

Img_115
お空は灰色でもサルビアの赤と新緑はまぶしかったです。

Page61
Page57
Page62_2
この日はバラ園もキレイでした。

それと嬉しかったのはね、「全国大陶器市」が開催 されていて、同時に「うまいものまつり」も。

Page59
知らずに出かけてきたのですが、思いがけないイベントにめちゃめちゃラッキーな一日となりました。 scissors(*゚▽゚)ノ

Img_116_3

|

2012/05/10

授業参観

日和の授業参観に行ってきました。

いた いた。ひよりです。

Img_113
「お母さん、ひよりの授業参観に行かへん?」って娘からの誘いに、
はじめ「えぇ~?そんな ふたりも行かんでもいいやろ。」って渋ってたら、
「見たくないの?」って。

見たくない訳じゃないけど、ば~ちゃんまで行くってどうなん?って思ったけど、
ひより可愛い可愛いメグパパが「ビデオ撮って来てくれ。」(邪魔にならないように撮るのはOKだそうなので。)って言うし、、、。

仕事もGW開けの忙しさも終わって早く帰れたし、行ってきました。

Page56
授業は算数の筆算。
「ひっさんなんか余裕や。」って言ってたひより手挙げてました。
( ^ω^ )

先生の話 真面目な顔で聞いてたし、授業が終わったらお友達とも楽しそうにおしゃべりしてたし、問題なさそう。今から問題あったら大変だけどね。(´,_ゝ`)プッ

問題なのは、父兄の方。ペチャクチャ ペチャクチャうるさかった~。
(# ゚Д゚) ムッカー

|

2012/05/07

ふたつの田舎で

GW後半は田舎で遊んでました。

Page53
母の顔を見に実家の姫路に帰り、新緑の眩しい自然の中でリフレッシュしてきました。

姫路市街地より奥になる夢前町という所に「ヤマサ蒲鉾」本社工場があるのですが、こちらの裏山に芝桜が広がる素敵な散策スポットがあります。

Img_108

Page50

Img_107_2
のんびりと、、、と 思っていたら、この日は「やまさまつり」なるイベントが催されていて、凄い人出でびっくり。

Page49
練り製品はじめ 姫路おでん・夢前特産の夢そば販売や縁日・ライブコーナーなどの特設ステージなども設けられ連休の一日を家族連れなどで大にぎわい。 
あまりの人出でちょっと引いたけど、揚げたて天ぷらと夢そばがほんと美味しかったのでやっぱり出かけてきてよかったかなぁ、、、っと。scissors

そして、超長蛇の行列で断念した“チーかまドッグ”に後ろ髪引かれつつ、
姫路に帰ったらどうしても行きたかったというメグパパの希望で「あずきミュージアム」へ。

Page54
デパ地下などでお馴染みの回転焼きの「御座候」の会社が設立したあずきをテーマにしたミュージアムです。

行きたかった と言ってもあずきに興味があるんじゃなくて あるのはあんこの方だけ、
あんこ大好きメグパパ、その道50年の名人さんが焼いてくれるという回転焼きが絶品とラジオで聞いて以来ず~っと食べたかったらしいのです。

Page55
「うん、やっぱり違う、美味しいっ!」って満足そうでした。

あんこの出来立て 焼きたてだから当然ですが、水のせせらぎや木立にかこまれた市内とは思えない静かな空気の中で頂くとまた格別なのでしょうね。

母も、「久しぶりに食べるわ。」って美味しそ~うに頬張ってくれました。

転んで足を骨折した時はもうこれでベッド生活?、、、って心配だったけど、しっかり歩いてくれていて、思った以上に元気そうな母に安心して戻ってきました。

そして、姫路から帰ると今度は奈良の義姉の所で遊んできました。

柏森(かやのもり)や明日香の風景を撮りに出かけたり、

Img_109
Page52
Img_112
のどかな田舎の景色に癒され、義姉とイチゴやパイナップル・りんごジャムを作って遊んだり、、、普段の喧騒を忘れてのんびり田舎の空気を楽しんできました。

女きょうだいのいない義姉は本当の妹のように可愛がってくれていつも「また帰ってきてな。」って見送ってくれます。

お母さん お姉さん、また帰るね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。

またまた アメリカ?どこ?3.11の映像?って目を疑うような映像が流れていますね。

自然の猛威になすすべのない私達、、、今度も人の優しさや強さを信じて復旧を祈ります。

                    

       

|

2012/05/04

浅香山緑道

Img_99
Img_100
毎年GW恒例だった「浅香山浄水場つつじの通り抜け」 

震災後の昨年は中止だったのですが、
今年は敷地内の大和川沿いに「浅香山緑道」という遊歩道が整備され「浅香山つつじまつり」として模擬店や産地直販、音楽会などの催し物も行われ、6日まで開催されています。

2500本 延長約600メートル 樹齢70年を越えるものもありとかで、この時期だけは緑道って言うよりそれはそれは素敵なつつじロードです。

Img_101
Img_105
これまでGW中だけの限定開放だったのですが、この緑道はいつでも自由に散策できるそうです。

Img_102
我が家からは車で10~15分くらいかな?

つつじが終わっても「浅香山」 素敵なお散歩道になりそうです。

|

2012/05/02

信達宿の藤まつり

GWは篭ってよう~って言ってたけど、初日の29日 お天気も良かったし、この時期ならではのイベントにやっぱりジッとしてられませんでした。。。
(*´v゚*)ゞ

淡紫の花のシャワーを浴び、

Img_97
藤の雲海を眺めてきました。

Img_92
これが個人のお宅っていうから凄いでしょう~!

Img_86 Img_96 
そこは、熊野街道の宿場町「信達宿」の一隅を毎年紫色に染めるという梶本家です。

Img_98_3 平成の花咲かじいさんと親しまれてたという今は亡きご当主梶本昌弘さんが丹精込めて育てたこの一本の木が今年も4万もの花房を付け、GWの期間中だけ 見とれる道行く人たちのために自宅の庭を解放して下さっていました。

ご当主亡き(4年前)後の今では「藤保存会」が発足し、地元のイベント「藤まつり」としてさまざまなプログラムと共に公開されています。
また、大阪ミュージアムにも選定されたそうです。

優雅で、上品で、あでやかで、、、そのボリュームに圧倒されます。

元はたった一本のこの木だなんて、、、驚きでした。

藤は何百年も成長し続けるらしいです。
ただただ、「凄いなぁ~!」の連発でした。。
幹をナデナデしてパワーを貰ってきました。

Img_90
Page45

そして、この梶本家を後にして次に立ち寄らせて頂いたのは角谷(つのや)家です。

Page46

こちらは、紀州徳川家が参勤交代の際に本陣として使われたという広大な古民家で、普段は非公開なのですがこの「藤まつり」の期間中28・29・30日の三日間だけ公開して下さってました。

そして、近くのあじさい寺で知られる「長慶寺」にもボケ封じのお願いをして、

Page47
代々庄家を務めた豪農屋敷の山田家住宅に足を延ばし、昔なつかしい生活用品に
「あっ、こんなん昔うちにあったなぁ~」とか「こんなん小さい時まだ使ってたで~」「これも見たことあるわ~」って、悠久の時の流れを感じ、歴史に触れてきました。 

Page48

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »