« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009/08/31

いかるがの里の陶展

Img_325 日曜日は、早々に投票を済ませ、義母の顔を見てから「いかるがの里」に行ってきました。

いかるがの里、うっすらこがね色に色付き、実りの秋の近づきを感じさせてくれていました。

まずは、めぐパパの遠縁に当たる陶芸家・田中蠢動子さんの陶展に義姉から声を掛けられてたので一緒に。

Img_318

Img_324 法隆寺近くのこじんまりだけどとても雰囲気のある素敵な画廊で、
「こんな器、作りたいなぁ~」って思える土の匂いとぬくもりある作品達に出会ってきました。
私よりず~~っとお若いんだけど、私の好きな明日香に工房を持ち、古陶磁に魅せられ土や石・釉薬の研究をされてるというなんとも羨ましい御夫婦と楽しくおしゃべりさせてもらって、、、というか、愚痴をいっぱい聞いてもらったかな。。。

やっぱり決め手は釉薬ですよねぇ。。。
お話、とても勉強になりました。
でも、私にはとうてい。。。

また明日香の工房にもお邪魔させて頂く約束をして、
もう一箇所。

近代陶芸の父にして人間国宝の富本憲吉さんの記念館へ廻ってきました。
「いかるがの里」にあることは知っていたので、機会があれば是非行きたいと思っていたところなんです。

Img_319

法隆寺画廊からはそう遠くなく、喧騒な道路から一歩入ったそこは、築数百年とも言われる富本憲吉さんの生家が記念館になっています。

離れや土蔵などが作品展示室になっていて、

Img_321

Img_322

Img_323

楽焼をはじめ、生まれ育った安堵町の自然をモチーフにした作品が多い大和時代(奈良滞在期)のもの。
住まいを東京に移し、白磁を完成させ、主に色絵磁器を制作されていたという東京時代のもの。
そして、京都に戻り、羊歯を模様化したり、金銀彩を同時に焼き付ける手法を完成させた京都時代の作品とに分けられ展示されていました。
陶芸作品のほか自身が描かれた障子や着物なども展示されていて、多才な方だったことをうかがわせてくれます。

作品もさることながら、この記念館自体が大和民家として貴重な文化遺産としてもいいくらいの趣のある建物でしたよ。

こんな所で陶芸出来たらいいだろうなぁ~、なんて思ってたら、なんと敷地内に陶芸教室があって、何人か作陶に励まれてました。ほんと、羨ましい想いでした。

日曜日なのに朝から忙しい思いしたけど、この日も有意義な休日でした。

|

2009/08/28

ドリーのイメージ

そんなに別犬?

Img_296_4

先日、久しく会ってなかった友達が訪ねてくれて、ドリーを見て「また増えたの?ドリ・メグちゃんの子?」なんて言うのよね、

「ドリーやん。」って言ったら、
うそぉ~!違う、ドリー君じゃないわ~」って言うの。`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

Dolly27

ドリーと言えば、顔バリでボディはセミコンチなんですって。こんな感じ.

帰り際にもまだ、「ドリー君じゃないわ。。。」だって。(´,_ゝ`)プッ

メグパパも、「おもろい顔になって、、、」とか「ドリーの素顔が見たい」とか言ってますが、、、
私も、もともと顔バリ派だったんだけどね、ドリーが子犬のように幼くなっていくようで嬉しいんです。ドリーの年を忘れてられそうで。。。

で、今回もこの路線でトリミングです。

Img_298

Img_297

|

2009/08/26

エコに貢献してます。

お盆が過ぎ週が開けると空気が変わりましたね。朝夕過ごしやすくなったし。
とは言っても、日中はまだまだ暑い、、、まだ8月なんですもんね。

ドリ・メグ、今年の夏のお留守番はこんな感じ、、、なんだと思います。たぶん。。。

Img_288_2

クーラーの冷気は下の方にたまるので、体高の低いワンたちは実は体が冷えすぎるとか、特にシニア犬は体を冷やしすぎると体力が低下するって話を聞いてね、
今年のお留守番、締め切ってクーラーの効いた部屋じゃなく、ひんやり倶楽部のマットや扇風機(首振ってます)でほとんど乗りきってもらってます。

この扇風機、別にワンコ用じゃないんですけどね、ちょうどドリ・メグの体高ぐらいのミニで、ほら、冬、ファンヒーターなんかの前にへばりついてるでしょ?あんな感じ。
と言っても、ず~っとへばりついてるわけでもないんですけどね。時々扇風機の前で寝てます。
ここから涼しい風が出てくるって学習したんです。

Img_294_2ボディーはサマーカットでクールビズ、
生活は省エネ。
僕たちも環境に優しく、家計にも優しく、エコに協力してるんだ、って思ってるかも。(´,_ゝ`)プッ

Img_292_2 メグね、私が帰宅してクーラーをつけると、暫くしたらクーラーのついてない隣の部屋に逃げて行っちゃうんですよ。

それってどういうこと?
そっか、、、女の子は冷え性ですもんね。happy01

|

2009/08/22

出品作品

陶芸教室の作品展までひと月ちょっとだというのに、私の作品、間に合うのか微妙なんですぅ。。。

出品予定の紫陽花・百合・向日葵の夏の花シリーズ三つの花器なんですけどね、
やっと最後の向日葵が彫り終わったところで、、、。

実は、一度仕上げて教室に持って行ったんですけどね、先生にNGを出されてもう一度彫り直してたんです。

Img_284

「ちょっと疲れた?適当に彫ったでしょ?」っていわれて、、、coldsweats02

適当にって気はなかったんだけど、三つ目で気力・集中力が途切れてしまってたんでしょうかね、もうこれでいっか、なんてね。
なんだかんだと忙しく時間もなかったし。。。

でも、うん、違いますね?ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘやっぱり手抜きでしたねぇ。coldsweats01

だけど、還元焼成は間にあわないし、、、釉薬をどうするか。。。

Img_285

ほんとに釉薬を悩んでて、、、

「作品は釉薬で決まる」って言ってもいいくらい決め手なんですよね。

Img_283 もう、悩んでても時間がないし、、、、
素焼き出来てた百合に掛け分けで釉薬を掛けてきました。

この仕上がり次第であとの二つを考えることにします。

作品展に間に合うんでしょうかね、、、。

|

2009/08/19

おかげ参り。

おかげ横丁にある「おかげ座 」(参宮歴史館)、私、こんなの大好きです。お勧めです。

Img_269

館内には、昔のお伊勢参りのジオラマが江戸時代にタイムスリップさせてくれるんです。

Img_270

                   クリックして大きくして見てね。
当時庶民には「お伊勢参り」には相当なお金がかかり、個人で行くのはなかなか難しく、「一生に一度は]と誰もがあこがれる夢だったそうです。
そこで、その夢を叶えるために人々が考えたのが「お伊勢講」(おいせこう)。
村人や町人たちがお金を出し合い、
その年、選ばれた人がその村を代表してお伊勢参りに行くのです。

でも、その夢が、、、
たとえ旅費など先立つものがなくても出来た年があったのです。
60年に一度、道中の個人や商店などが「施行」(↑の写真)という旗を掲げ、ワラジや笠などは勿論、お風呂や食事、宿泊まですべて無料で提供してくれたんだそうです。
おかげ」と書いた菅笠を被り、手には柄杓を持っていればタダで旅ができたんですって。

そんな年は多くの民衆が伊勢へ伊勢へと押し寄せたといいます。神様のおかげ、、、みんなのおかげでお参りが出来たいうことから「おかげ参り」と呼んだですね~。

自分たちが生かされてるのはお伊勢さんのおかげ、成功や生活があるのはお伊勢さんのおかげ、、、という伊勢の人たちの太っ腹~というか心の豊かさ。そして、伊勢神宮に馳せる日本人の心と、徒歩しか手段のない時代に何十日もかけて伊勢を目指す人々のエネルギーに感服です。

そんな当時の人たちは、勿論お伊勢さんに詣でることもだけど、日常を離れての道中での体験も喜びだったようです。

Img_271各地の名産物や文化に触れる楽しみや喜び。
そこには、珍しい食べ物やお酒もあったでしょうしね、芝居見学も楽しみだったみたいです。
それに、こんなことも。happy01
遊郭もあったそうです。(↓のスライド最後の方)

なんでも、このお伊勢参りブームを仕掛けた人もいたようで、伊勢信仰を広めようと「御師」とよばれる神主さんたちが檀家を訪ね歩き、参宮費用を積み立てさせ、旅のスケジュールや宿泊の手配までも請け負ったそうなんです。

お伊勢参りは、こうした旅行代理店のおかげもあって、江戸時代の人気ツアーだったようです。

|

2009/08/16

おはらい町通りとおかげ横丁

さっきの続きになりますが、、、
お伊勢参りと書いたけど、本当の目的は私、「おかげ横丁」に行きたかったんです。
でも、ちゃんと「内宮」には参拝してきましたよ。

Img_265_2

タイトルの「おはらい町通り」と「おかげ横丁」ですが、

「おはらい町通り」は江戸時代初期から門前町として発達した旧参宮道で、

Img_266

Img_268 

この街道沿いに茶屋などが軒を並べ、遊楽施設などもあり、参拝客で賑わったであろう当時そのままの風情を残してくれています。

「おかげ横丁」は、、、
そのおはらい町通りの中ほどから少し横丁に入ったところで、
江戸から明治にかけての伊勢の町並みが再現され、老舗の味や特産品にとどまらず歴史、風習までもが体感出来るようにと平成5年に作られたテーマパークのような町です。

Img_275

Img_276

Img_277

Img_278

ヘタなレポート書くより、動画があったのでお借りしました。おかげ横丁の散策気分を味わってね。

実は、もうひとつ、ほんとはこちらが真の目的だったりして、、、coldsweats01

Img_264 赤福氷で~す。
これこれ、口コミで聞いてて、この夏是非食べてみたかったんです

抹茶のかき氷なんですけどね、そこは名前の通り、
赤福(それように特別に作られた赤福餅)が入ってるの。
まず、この抹茶シロップがなんとも大人の味で美味しいんです。
そして、食べ進んでいくとあんことお餅に遭遇するの。

Img_282 赤福本店の前では見事にみんなこれ食べてましたね。happy01

「おかげ横丁」のこと、もう少し書きたいんだけど、今日はこの辺で。

今度は9月の連休楽しみに明日からまた頑張りましょうね。

|

お盆休み

お盆休みも今日で終わりって方多いでしょうね。あっという間に終わっちゃいましたね~。

我が家のお盆休みも、
義母の病院やメグパパの父方・母方・私の実家のお墓と3箇所のお墓参りにお伊勢参りなど、毎日車であっち行きこっち行きしてるうちにあっという間に終わっちゃいました。

Img_273

お墓参りには、
忙しい息子夫婦も一緒してくれたり、実家では十数年ぶりに仲良かった従姉妹たちと再会できたりと、また、出産して帰ってた姪っ子の可愛い赤ちゃんにも会えたり、、、やっぱりお盆・お正月ならではですよね、懐かしい顔に合えるのって。

母にも、小さいけど娘らしいこと出来たし。。。

お盆、お正月は田舎に帰ろう~です。

Img_274

奈良盆地も播磨平野も、恵みの秋へ向けてしっかり育ってましたよ。

奈良盆地では早咲きだけど黄花コスモスが咲いて、赤とんぼも飛んでいました。

Img_272

お盆が終わったら、秋は早いですかねぇ、秋風が恋しいですね~。

PS
お伊勢参りもちょっとあとで書きますね。

|

2009/08/11

合格証が届きましたぁ~。

3級・2級とW受験してた大阪検定の合格証が届きました。

Img_263

自己採点で、合格してるとは思ってたけど、やっぱり ほっ!です。
合格証もプラスチック製のかっこいいカードでうれしいなぁ~!

だけど、3級・2級ともに合格率が高かったみたいでびっくり。受験しようと思った人たちみなさんしっかり勉強されてたんですね。そりゃそうですよね。

今年第一回のこの大阪検定、今年は2級・3級のみでしたが、来年から実施の1級は2級合格者1313人だけが受験できます。

私も受験資格があるんだけど、、、1級は一筋縄ではいかないでしょうね。。。
でも、この検定のお陰で大阪の魅力や奥深さと、それを発見する楽しさも体験しました。

「大阪学」、もう少し勉強してみようかなぁ、、、。

Img_262

↑ こちらは同封されてた合格者特典のクーポン。
大阪の各施設などへの入場割引や無料券です。結構行きたい所もあるので嬉しいです。1級受験の勉強にもなるでしょうからね訪問しなきゃ、です。

合格証もリーガロイヤルホテルはじめ大阪のホテルやレストランなどで提示すれば割引サービスが受けられるそうで、これも嬉しいぃ~。合格証、お財布に入れておこ~っと。

1級はどんな特典があるのかなぁ、、、それによって受験するかどうか考えます、なぁ~んてネ、(*´v゚*)ゞcoldsweats01

冗談抜きで、1級受験、結構意欲沸いてます。

|

2009/08/09

土と遊ぶ。

Dm1_2

「遊」、今年の作品展のタイトル文字です。素敵でしょ!
毎年作品展のタイトル文字を書いて下さるお仲間さんのK良さんの書です。

人が遊んでるような、、、、今年のテーマ「土と遊ぶ」にぴったりの書です。なんでもそうだけど、センスある人は素敵ですよね、K良さん尊敬だわ。

今日は、またまた作品展の粗品作りのお手伝いでした。

先日、掻き落としで模様を描いた豆皿が焼きあがっていたので今日はそのラッピングです。

Img_253

焼きあがったのを見るとまたまた改めてかわいい~~です。

作品展、9月26日(土)・27日(日)です。
ご近所のお友達、職場の仲間たち、ぷぅ友のお友達、豆皿もらいに来てね。
今年はね、この粗品の中にお楽しみ券が入っててね、運が良かったらラッキ~~ってお楽しみ倍増でぇ~~す。お楽しみ券の内容は~~、うふ、内緒っ。当日のお楽しみでぇ~す。happy01

Img_255 今日は、作業の後に、プロの料理長のI垣さんが葛きりを作ってくださってね、オリジナルの黒蜜で頂きました。

いつも機会あるたびに料亭のお味を食させて下さるのですが、今日もあの黒蜜、上品で美味しかったですぅ~。
私ひとりパクパク食べてたような、、、。coldsweats01 いつも本当にありがとうございます。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

作品展のオープニングパーティーも期待しています。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

今日、二つ目のブログでした。

|

暑気払いと花火

先週のPLの花火が消化不良だったので、昨日は淀川の花火大会を職場の仲間のマンションからの見学でリベンジしてきました。

その前に、ちょっと暑気払いです。って「なん回目やっ」て突っ込み入りましたが、、、。happy01

Img_257

まっ、こう暑いんだから、あと1~2回はありでしょ。

花火の写真は、不覚にもカメラ内の画像を取り込んでなくて、すぐにカードがいっぱいになっちゃって、、、。
でも、ちゃ~んと、綺麗な花火が見えましたぁ~!ドド~~ンの音も聞こえて、まっ、満足でした。

でも、来年は淀川まで行こうね、って、みんなで。

|

2009/08/06

暑中お見舞い

申し上げます。

長かった梅雨も明け、さすが暑さも本格的。
それに今日はムシムシと蒸し暑かったですよねぇ~。湿度も7・80%あったんじゃないでしょうか?ちょっと動いたら汗がタラタラ~~不快指数もupです。

こんな季節、体調管理にはくれぐれも気をつけて下さいね。

私は夜な夜な、クーラーきかせた部屋で作品展に出品予定の花器にお花を彫り堀りしています。

Img_239 夏の花、紫陽花に続いて二つ目は百合です。見えますか?

先日、三つ目を挽いてきたんだけど、そちらにはひまわりを彫る予定です。

問題は釉薬、、、悩んでます。。。

|

2009/08/02

バーチャルで

毎年8月1日はPLの花火大会ですよね。
PLの花火、「近くで見たいねぇ~」なんて毎年仕事仲間と話してるんですけど、仕事だったり、「凄い人よ」なんて話を聞いたりしてて、なかなか足が向かなかったんですけどね、、、今年はちょうど土曜日なので、「行こうか。」って話にもなってたんですけど、夕方近くまでやっぱり仕事だったり、、、お天気も怪しいし、、、今年もやっぱり行けなかった。。。

Img_247 そこで、、、
仲間のKさんが毎年見てるとういう大和川の橋の上からの花火見学となりました。

気の利く仲間が冷えたビールを持って来てくれてて、時折吹く風も心地よく、これで花火がバッチリだったら言うことなかったんだけど、、、。

Img_248 やっぱりちょっと消化不良、、、仕方ないけどね。。。

帰りは勿論居酒屋直行。

そこでのおしゃべりで少し解消かなぁ~。happy01

帰宅後、自分でドド~~ンと花火を打ち上げてみました。

こちら  音量に気をつけてくださいね。  

これくらい迫力ある花火見たいなぁ。。。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »