« イチゴ大福 | トップページ | 玉ねぎの丸焼きと陶板 »

2009/01/14

窯出しの日でした。

  今日は、待ちに待った窯出しの日でした。heart01仕事をお休みしcoldsweats01 K山さんと窯場に駆けつけてお手伝いしてきました。

Img28_3

まずは私の作品です。赤土に教室にはない釉薬どんぐりをかけさせて頂いた器です。

Img26

蔦はイメージで家にあったナイロンぽいおもちゃみたいなのを仮に付けてみましたが、これから山にでも行って木の枝を探して来なくっちゃです。。。

もうひとつ、花器です。
こちらも、はじめ無釉で焼いて頂くつもりだったのですが、直前に桜の釉薬を掛けました。

Img27

どちらも渋く薪窯らしく焼けてるでしょう~!?メグパパも「全然、違うなぁ~。深い色出てるわ。」って言ってくれました。ん???花器の方、ちょっと釉薬かけるバランスが悪いな、、、反省。。。

主催者の先生方がおっしゃってたけど、今回上手く焼けた方なんですって。最初の頃は温度が上がらなくて作品が真っ白だったり、上手く還元がかからなくて、思った色が出なかったり、ほんとに炎のご機嫌次第なので苦労が多いそうです。

Img30_2

Img31

出てくる作品ひとつひとつに歓声とため息。。。
作品はどれもみんな羨ましいくらいいい感じに景色も出てて、色合いも素敵!
(紹介したいのですが、個展や陶芸展に出される方もいらして、了解取ってないので。。。)
ほんとにみんな電気窯じゃこうはいかないって薪窯の魅力にとりつかれるのわかる気がしました。

今回いろいろお話を聞いてて、まず、土からして違うことがわかりました。
次回は窖窯(あながま)用(古信楽)の土でもう一度挑戦したいです。

この窯場、、、陶芸に思いを寄せる人たちの素敵な溜まり場というか、隠れ家というか、、、私にとってとても羨ましい憧れの場所となりました。

Img34_2

窯出しが終わった後、おぜんざいを頂いたのですが、いつも、ここで、飲んだり食べたり、陶芸の話を飽きることなくおしゃべりしてるんですって。

Img33

「いつでもいらっしゃい。」っておっしゃって頂きました。「また声かけるね。」って言って頂きました。
ほんとにほんとに、いい出会いを下さった狭山校のN氏に感謝です。H先生、A先生、K先生、ご指導有難うございました。
今回の窯焚きにご一緒させて頂いた皆さん、足手まといにならなかったでしょうか、、、次回も頑張りますので宜しくお願いします。

K山さん、ほんとに楽しかったね~happy01~!!次回用に作品作って置かなきゃね。がんばろうね~。happy01

|

« イチゴ大福 | トップページ | 玉ねぎの丸焼きと陶板 »

コメント

*Keiさんへ、
見に来てくれてありがとう~。この画像では伝えられない景色も見てもらいたいなぁ。。。

投稿: ドリーママ | 2009/01/19 20:01

うわぁ~~~heart01
ホント渋くって素敵ですね~。
いいな~~。
憧れです。
私もいつかやりたいな。

投稿: kei | 2009/01/18 23:20

*みやさんへ、
みやさん、ありがとう~!
陶器ってね、「やきもの」っていうでしょ?
焼きなんだぁ、、、ってつくづく思いました。ますます陶芸にはまりそうですぅ~。

投稿: ドリーママ | 2009/01/17 22:01

ドリ-ママさん
  
   スゴイですねぇ~(・∀・)イイ!

投稿: みや | 2009/01/16 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86610/43740992

この記事へのトラックバック一覧です: 窯出しの日でした。:

« イチゴ大福 | トップページ | 玉ねぎの丸焼きと陶板 »